まずは始めてみよう「お金の見える化」家計簿サービスで収支改善【マネーフォワードME】

マネー

日々節約やお得情報の収集に励んでいる筆者ですが、ある程度お金に余裕がでてくると次は資産運用について考える方も多いのではないでしょうか。

老後2000万円問題もあり、将来に向けた資産形成が必須の現代ですが、資産運用は早ければ早いほど有利なのは言うまでもありません。

貯金、節約、資産運用といったお金に関するマネジメントをする上で「自身の収支を把握すること」が必要になってきますが、収支を把握するには家計簿を付けなくてはなりませんよね。

そんな方にオススメしたい「マネーフォワードME」というサービスについて今回ご紹介したいと思います。

マネーフォワードMEとは

【公式】お金の見える化アプリ「マネーフォワード ME」紹介動画

マネーフォワードME とは、自身の保有する銀行口座やクレジットカードを登録するだけで毎月の収入や支出を自動で管理してくれるサービスになります。

情報を登録するだけで簡単に家計簿が出来上がってしまうというのは素晴らしいの一言に尽きますね。フィンテックという言葉の意味を表現するにはピッタリのサービスかと思います。

自身の金融情報を登録することで口座残高や株などの金融商品をまとめた総資産を確認することができ、登録したクレジットカードの引き落とし日や引き落とし額を簡単に見ることができます。

マネーフォワードMEのメリット

マネーフォワードMEのメリットとして、無料で気軽に利用することができるという点が上げられます。

以下は、マネーフォワードMEの無料会員とプレミアム会員の機能を抜粋したものとなり、実際には、無料会員はいくつか制限があります。

無料会員プレミアム会員
費用0円500円
データ閲覧可能期間過去1年分制限なし
連携可能数10件まで制限なし
グループ作成1件まで制限なし

無料プランではいくつか制限があるものの、通常利用する範囲において申し分のない機能を利用することができます。

マネーフォワードMEの実際の利用イメージ

こちらは PC 版のマネーフォワードMEのログイン画面になります。

マネーフォワードのホーム画面では、総資産や直近の入出金情報、当月の収支を確認することができます。

資産ページでは、金融資産である口座残高や株式/投資信託、ポイントといった資産を総合的に一覧化され、資産比率や残高をかんたんに確認することができます。

銀行口座やクレジットカードやポイントなど含めると10件を越えてしまうこともありますが、その場合は収支管理に必要なものだけに絞って登録するか、すべて登録したいという方は有料プランへの切り替えをオススメします。

収支管理に限って考えれば、メインバンク+メインのクレジットカードなどを登録していっても10件を超えることはまず無いかなといった印象です。

マネーフォワードは安心して利用できるのか

マネーフォワードMEは一時期テレビCMでも流れていたこともあるので名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

マネーフォワードは、2012年の創業後、国内初のフィンテック企業として2017年に東証マザーズに上場、そして2021年6月に東証一部に市場変更した企業になります。

(株)マネーフォワード【3994】:詳細情報 - Yahoo!ファイナンス
(株)マネーフォワードの08/05の終値は6,790円でした。前日終値、高値、安値はもちろんのこと年初来高値/安値もご覧いただけます。掲示板もあります。

また、メガバンクである「みずほフィナンシャルグループ」や「三越伊勢丹グループ」などの大手企業が出資していることもあり、信頼性としては折り紙つきですね。

みずほ銀行との業務提携により、実際にみずほ銀行関連サービスとの連携を強めた「マネーフォワード for みずほ」というサービスも提供しています。

金融情報の登録が不安

とはいえ、金融情報を登録するのが不安だという方もいるでしょう。

マネーフォワードでは、外部のセキュリティ診断会社からの評価を受けてサービスを提供しており、セキュリティ対策として以下の仕組みを導入しています。

  1. 登録するのはログイン情報のみ
  2. データはすべて暗号化(通信時/保管時)
  3. 二段階認証でセキュリティ強化
  4. アプリ版は生体認証でロック

この中でも一番気になるのがマネーフォワードへ登録する金融機関の情報ですよね。

マネーフォワードMEへ登録するログイン情報とは

マネーフォワードのサービスを利用する(マネーフォワード側から資産情報を見られるようにする)ためには、金融機関などのログイン情報が必要になることは理解できると思います。

それとは別に、ネットバンクや証券口座にて実際に振込や株取引をする場合は、その金融機関側に別途登録している取引パスワードというものが必要になってきますよね。

この取引に使うパスワードは、金融資産を確認するためには必要ありませんので、マネーフォワード側で登録するようなことはありません。

そのため、マネーフォワードに金融機関のログイン情報を登録しても金融情報を見られるだけで実際の資金の移動に必要な権限を渡すことではないという仕組みになっています。

それでも不安が拭えないというのであれば、手書きの家計簿やローカルな環境に配置された Excel などで管理することが望ましいでしょう。

まとめ

マネーフォワードMEのサービスを使って5年ほどになりますが、もうこの家計簿アプリなしでは収支管理ができないというくらいに必要なものになってしまっています。

実際に使ってみて、各種ポイントの管理やすべての金融機関情報を登録したいとなるとやはりプレミアム会員への登録が必要だなと感じることもありますが、登録はメインで利用しているメインバンクやクレジットカード、証券会社等のみに絞りつついまだに無料で利用させてもらっています。

これまでに家計簿を付けたいが続かないというような方には是非試していただきたいサービスになりますので、気になる方は利用してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました