SBI証券のクレカ積立サービス開始!三井住友カードのあわせ技で初年度7,500ポイントが貯まる

マネー

SBI証券と三井住友カードのタッグで行われる「SBI証券クレカ積立」のサービスが2021年6月30日からサービス開始となります。

これまで楽天証券では楽天カードでの積立で積立に支払う金額に対しても楽天ポイントが付与されており、積立投資においては楽天証券が有利だったのですが、それに対抗する形でSBI証券にてクレカ積立サービスが導入されることとなりました。

私もSBI証券で積立を行っており、毎月SBIハイブリッド口座から引き落としとしていたものの、こちらのサービスを利用しないのはデメリットでしか無いということでサービス開始に備え三井住友カードの入会を決めました。

SBI証券のクレカ積立とは

SBI証券のクレカ積立とは、毎月の投信積立の支払いに対してクレジットカード決済が可能となるサービスとなります。

2021.6.30開始 いよいよ始まるSBI証券のクレカ積立|SBI証券
SBI証券×三井住友カード クレジットカードで資産運用しながらポイントが貯まる新サービス「クレカ積立」がはじまります。積立投資するならクレジットカードで。つみたてNISAにも対応しています。

毎月100円〜50,000円分までの積立が可能となり、決済額に対してVポイントといわれるSMBC系プラットフォームのポイントが0.5%の還元率で貯まります。

整理すると以下となります。

  • 投信積立の支払いをクレジットカード(三井住友カード)にて決済可能
  • 100円〜50,000円分までの積立投資が対象
  • SBI証券で開設した特定/一般/一般NISA/つみたてNISA口座で利用可能
  • 積立金額に応じて0.5%のVポイントが貯まる

既にSBI証券で積立投資を行っている人はメリットしかないサービスとなります。

積立をクレジットカード決済とすることで積立買付日の引き落としのための資金移動などの考慮も必要なくなり、クレジットカードの引き落としで管理できるようになる点も地味にメリットが大きいのではないでしょうか。

つみたてNISAで考えた場合の付与ポイントは?

SBI証券クレカ積立では、上述の通り50,000円を上限とする積立決済に対して毎月0.5%のポイントが還元されます。

つみたてNISAを満額で行っていた場合に付与されるポイントは、33,333円(つみたてNISA年間上限40万円の12ヶ月で割った額)×0.005(0.5%)なので166ポイントとなります。166ポイント×12ヶ月=1,992ポイントとなり、年間で約2千円分のポイントが付与されることになります。

月の積立金額年間20年
33,333円
(つみたてNISA月上限)
166 ポイント1992 ポイント39,840 ポイント
50,000円
(クレカ積立上限)
250 ポイント3,000 ポイント60,000 ポイント

年単位で見ると「わざわざ新しいクレジットカードを作ってまで」というようにも思えますが、つみたてNISAで考えると何もなければ20年間積立を行うことが考えられますので、そうした場合は39,840ポイントとなり、約4万円ほどの金額と考えれば無視できない方もいるのではないでしょうか。

私の場合、つみたてNISAの端数が気持ちが悪いので特定口座と合わせて月50,000の積立を行っているのですが、同じくSBI証券クレカ積立の月の上限である5万円の積立を行うと年間で3,000ポイント、20年で60,000ポイントとなります。

スタートダッシュキャンペーンでポイント付与率アップ【0.5%→1.5%】

SBI証券のクレカ積立では、サービスを開始するにあたりスタートダッシュキャンペーンとして、一定条件を満たした積立を行うと通常ポイント0.5%のポイントのところ、さらに1.0%ポイント上乗せした1.5%の還元を行うキャンペーンが準備されています。

1.5%付与が行われるのは4,500ポイントまでを上限としており、積立上限の5万円の積立を行うと月750ポイントとなり、6ヶ月で4,500ポイントとなります。このキャンペーンを加味すると積立を行うだけで初年度は最大7,500ポイントが付与されますので非常にお得なキャンペーンになっています。

キャンペーン期間は以下の通り

積立設定期間 :2021年6月30日~2021年12月10日
積立設定締切日:2021年7月10日、8月10日、9月10日、10月10日、11月10日、12月10日
買付日    :2021年8月2日、9月1日、10月1日、11月1日、12月1日、2022年1月5日

キャンペーン開始から6ヶ月の期間しか無いため、取りこぼしをなくすにはキャンペーン開始から7月10日までに積立設定を行う必要があります。

まとめ

SBI証券口座での積立を行っている方は、必須とも言えるサービスではないでしょうか。

現状、三井住友カードでしかクレカ積立ができないようなので、保有していない方はこのタイミングで三井住友カードへ申し込んでSBI証券クレカ積立を始めるのが良いかと思います。

日々節約することも大事ですが、このクレカ積立は最初に設定をしておくだけで特に努力の必要もないので迷っている方は是非恩恵を受けておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました